葉酸は本当に不妊・妊娠したい人に効果があるの?

葉酸は本当に不妊・妊娠したい人に効果があるの?

 不妊に悩む人のために葉酸サプリを勧める人もいます。この葉酸とは本当に不妊に効果的なのでしょうか?

 

葉酸って?

ほうれん草!

 葉酸は、水溶性ビタミンの一種で1941年にほうれん草の葉から発見された生理活性物質です。

 

 乳酸菌の増殖因子として発見され、体内で補酵素として働きます。

 

 

厚生労働省も推奨!

ほうれん草!

 2000年から厚生労働省では妊娠を計画している女性に一日あたり0.4rの葉酸を摂取することを推奨しています。

 

 これは、不妊症に効果的という意味ではなく、これから生まれる子供にとって摂取した方がいいという意味です。

 

 

 

 その理由は、

葉酸が不足すると子供に神経管閉鎖障害などの奇形児が生まれる可能性が数%上昇する

ことが分かっているからです。

 

葉酸は子供の正常な発育に寄与するものである

 

として、厚生労働省が推奨しているのです。
これは、妊娠してからではなく、その前から摂取しておく必要があります。

 

不妊への効果

しかし、葉酸の効果はそれだけではありません。不妊にも効果があります。

 

葉酸には

流産を予防

子宮内壁を強くする

受精卵を守ったりする働き

強くなる!

 

 などがあり、不妊治療中の母体を作るために効果的です。

 

 反対に葉酸が不足するとホモシステインという物質や活性酸素が発生します。

 

ホモシステインは動脈硬化のリスクを高めますし、活性酸素は子宮や卵巣など体内の活動を衰えさせてしまい、体の他の部分にも悪影響を与えてしまいます。

 

葉酸の副作用って?

葉酸は過剰に摂取すると副作用が起こることがあります。

 

副作用の症状としては、

じんましん

発熱

胎児がぜんそくにかかりやすくなる

ゲホン!

 

 

…などがあります。厚生労働省の指針によっても妊婦の一日の葉酸摂取量は1rまでが望ましいとされています。

 

葉酸が含まれる食物

 葉酸はレバーやホウレン草といった貧血に効果的な食物のほか、アスパラガスやグレープフルーツなどにも多く含まれています。食事から摂ることが難しければサプリメントを活用することもおすすめです。

アスパラ

葉酸入り!

グレープフルーツ